神戸 須磨区にある泌尿器科で、性病・ED(勃起障害)・夜尿症(おねしょ)を専門としております。

健康について

おねしょ日記

チャレンジの日 2016年7月

 夏休みも近くなり、宿泊行事が予定されているお子さんは夜尿症治療の結果が気になりだす頃です。また、気温も上昇して夜尿症治療の成果も出やすくなる頃でもあります。夏休みの時期を境におねしょ治療から卒業できるお子さんも少なからずおられます。
 最近の小学生は、熟、スポーツなど曜日ごとに決まったスケジュールのある子供さんが多く、兄弟や両親の週ごとのスケジュールにも影響されて。曜日によって、おねしょの頻度に差のある子供さんがたまに居られます。同じスポーツでも外で汗を流してその都度水分補給の必要なサッカーなどと、水泳とはまたおねしょに対する影響も違うようです。
 薬からの離脱を図る場合でも、成績の良い曜日を選んでチャレンジの日として、薬からの離脱のきっかけにするのもよいと思います。