神戸 須磨区にある泌尿器科で、性病・ED(勃起障害)・夜尿症(おねしょ)を専門としております。

健康について

おねしょ日記

おねしょからの卒業 2012年11月

 山の木々も色づき始め、めっきり秋らしくなってまいりました。おねしょの頻度や、量もこれまでの季節に比べれば増えてくるのも普通です。この時期に根気をなくして、治療を辞めてしまう方も少なからず居られます。毎日記録をまめに取っていれば、膀胱にたまるおしっこの量や、おねしょの記憶の有無など、夏場に比べて、後戻りしていないことを確認できるはずです。気力をなくしかけたときには1年前の同じ時期のことを思い出してみてください。多くの場合は、少しは1年前とは違っていることにきづかれると思います。ドライデイの頻度は増えなくても、データの上での改善が認められれば、春先に一気に芽を吹くこともあります。また、まれに季節に逆らってデータの改善が見られる子供さんも居られます。こういう場合はおねしょからの卒業も近いと思います。