神戸 須磨区にある泌尿器科で、性病・ED(勃起障害)・夜尿症(おねしょ)を専門としております。

健康について

性病

いわゆる性病といったものは、時代によって流行はあるものの、最近でもクラミジアトラコマチス感染症、淋菌性尿道炎を中心にむしろ増加傾向にあります。
男性の場合は、尿道の先から膿が出たり、排尿時に痛みを感じたりと女性に比べて症状が出やすい場合が多く、病院にかかる機会も多いようですが、女性の場合 は症状が出ず、数年間も放置されている場合もあります。他に、梅毒、コンジローマ、性器ヘルペスなどは皮膚に現れた特有の症状をみて受診される方が多いよ うです。
知識がなかったりあるいは恥ずかしさのため、受診をせず長期間放置されていたため、診断や治療に時間がかかってしまったり、また逆になんでもないことを過 剰に心配しておられるかたも多く居られます。通常は、症状を見たり、血液や尿検査で簡単に診断がつけられ、抗菌剤の投与等により短期間で治ります。
ご本人はもとより、パートナーや同居する家族のことも考えれば、気にかかることがあれば、速やかに専門医を受診され治療を受けられることをお勧めいたします。

Q&Aはこちら

 

性器クラミジア感染症

性病のうちで、もっとも多く、また最近増加の傾向が激しいのがクラミジア・トラコマチスによる感染症です。
男性の場合は通常尿道炎として発症するのが通常です。症状は、尿道からの分泌物、や排尿の際の尿道のかゆみ、不快感、痛みですが、症状のない場合もあります。慢性化した場合には、精巣上体(副睾丸)炎、前立腺炎の原因となる場合もあります。
女性の場合は子宮頚管炎としてまず発症することが多く、下り物の増加や、出血、下腹部痛などで気づくこともありますが、男性以上に症状が出ないことも多く、注意が必要です。気づかずに放置した場合には、骨盤部の腹膜炎から、肝臓周囲にまで炎症が及び、激しい腹痛をもたらしたり、不妊症、流産、早産の原因となる場合もあります。
咽頭・扁桃腺炎 オーラルセックスにより咽頭炎、扁桃腺炎を発症することも知られておりますが、多くの場合、症状として特有のものはありません。
検査・治療 検査は男性の場合は尿から、女性の場合は膣分泌物からPCR法で検査をするのが普通です。また、治療は原則としてクラミジアに有効な抗生物質を決められた期間内服します。